lunaticな女性のアルコホーリクな毎日:当ブログへのリンクはご自由にどうぞ


by luna_oneday
カレンダー

<   2010年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

夏休み最終日☆

夏休み最終日。

長男は塾の夏休み〆のテスト。
終わったらお迎え、その足で和歌山県の市民プールに。
半日留守にするので、ゴキ・ダニ・ノミの燻煙剤(一回目から約二週間経過)もセットしてお出かけ。

夏に3日、無料開放日っていうのがあって、今日もその日。
通常400円のところ、無料。

400円でも親子三人でいけば、1200円。
関西サイクルスポーツセンターのプールだと、親子三人駐車場代込みで4500円。
ありがたい。

去年は競泳プールで足がつかなかった二人、長男は足が届くように。
次男はけんけんしながら、なんとか入ってます。
小3以下は大人がつきそう規則なので、わたしも入りました。

流水プールで浮き輪にのってゆらゆらってのもあり。
楽しかったっす。

デジカメのメモリーカードを忘れたので、カメラの内蔵メモリに写真が7枚だけ。
メモリーカードがあると、数十枚撮っちゃって、「後で整理しよう」で、メモリーカードの領域だけ増えていくのだけれど、今日は削除しては撮り直して、厳選されたのが7枚。
「選ぶ」ってのを実践できた気がします。


これから、明日の始業式の用意。
通知表やら、うわばきやら、宿題やら。
頑張ってそろえます。
[PR]
by luna_oneday | 2010-08-31 20:16 | 日々

手放していく☆

回復の「ステップ」
第6章 大切なのは変わること
「だれもが、これから手に入れるものによって変わることができると思っているが、そうではない。
これから手放していくものによって変われるのだ--それはちょうど、熱気球が重しの砂袋を投げ捨てて上昇していくのに似ている。
ところが、砂袋を捨てようとせず、重しをかかえたままでなお上昇したがる人が多い。」
回復の「ステップ」:ジョー・マキューより)

AA12のステップ
1. 私たちはアルコールに対し無力であり、思い通りに生きていけなくなっていたことを認めた。
2. 自分を超えた大きな力が、私たちを健康な心に戻してくれると信じるようになった。
3. 私たちの意志と生きかたを、自分なりに理解した神(ハイヤー・パワー:偉大な力)の配慮にゆだねる決心をした。
4. 恐れずに、徹底して、自分自身の棚卸しを行ない、それを表に作った。
5. 神に対し、自分に対し、そしてもう一人の人に対して、自分の過ちの本質をありのままに認めた。
6. こうした性格上の欠点全部を、神に取り除いてもらう準備がすべて整った。
7. 私たちの短所を取り除いて下さいと、謙虚に神に求めた。
8. 私たちが傷つけたすべての人の表を作り、その人たち全員に進んで埋め合わせをしようとする気持ちになった。
9. その人たちやほかの人を傷つけない限り、機会あるたびに、その人たちに直接埋め合わせをした。
10. 自分自身の棚卸しを続け、間違ったときは直ちにそれを認めた。
11. 祈りと黙想を通して、自分なりに理解した神との意識的な触れ合いを深め、神の意志を知ることと、それを実践する力だけを求めた。
12. これらのステップを経た結果、私たちは霊的に目覚め、このメッセージをアルコホーリクに伝え、そして私たちのすべてのことにこの原理を実行しようと努力した。
(AAワールドサービス社の許可のもとに再録)

アルコホーリクス・アノニマス:通称ビッグブック 12のステップと12の伝統 などAA出版物カタログ

ビッグブックのスポンサーシップ
[PR]
by luna_oneday | 2010-08-30 20:04 | アディクション

粗大ゴミ☆

9月1日が月一回の粗大ゴミの日。

庭に放り出しているばらしたタンス等々、ようやくひもで収集所に持ち運びやすい様にくくりました。

水曜の朝、23くくり運ぶことになります。

始業式…収集時間までに運べるかな。
[PR]
by luna_oneday | 2010-08-29 13:29 | 掃除・整理整頓

自由研究☆

小学校の夏休みの宿題に自由研究というのがありまして。

息子たちは「われにくいシャボン玉」というのをつくりたいと。
横で見ていてイライラしてしまって、結局手を出してしまいました。


用意するものは、洗濯のり(PVA)と40%以上界面活性剤入り台所用洗剤と砂糖と水。
針金を綿ひもにとおして、輪にしたもの。


なかなか割れなくて、楽しかったっす。

写真も撮って、画用紙に貼り付けて。
作り方や感想等々。

なんとか形になりそうです。
[PR]
by luna_oneday | 2010-08-28 17:23 | 日々

聖なる酒場の挽歌

『聖なる酒場の挽歌』
When The Sacred Ginmill Closes(1986 アメリカ)
作/ローレンス・ブロック
訳/田口俊樹
出版/二見文庫

ローレンス・ブロックの作品が好きです。
マシュウ(マット)・スカダーも良いし、バーニイ・ローデンバーも良い。
マット・スカダーはアル中探偵だけれど、歳を経てAAメンバーとなり酒をやめていく。
バーニイ・ローデンバーは、仕事(泥棒)の前にはアルコールを口にしない。

マット・スカダーシリーズに“聖なる酒場の挽歌”という作品があります。
シリーズ中の分岐点的作品。
アルコール依存症だが、今は一滴も酒を飲んでいないマットが、十年前(1975年)の飲んでいた頃の事件を語ります。

「言うまでもないが、私はまだのんでいた。が、その頃の酒は私の役に立っていた(そう見えただけかもしれないが)。まだ私を痛めつけてはいなかった。」(p39)

「私はほろ酔い加減でいるのが好きだった。深く酔いたくはなかった、ときにはそういうこともあったけれども。たいていコーヒーにバーボンをたらしたものから始め、夜が更けるにつれてストレイトで飲んだ」(p42)
アルコール依存症が進行すると“ほろ酔い”にもなれなくなるんですが。

デイヴ・ヴァン・ロンクのラスト・コールという曲も出てきます。(p191)
「生まれたときにもし酔ってたら悲しみなんて知らずにすむのに」
というフレーズには、飲み続けていたときの自己憐憫がよみがえります。

「しかし瓶の中身は三分の一ほどなくなっていた。それは少し意外だった。ビリーのところでレコードを聞きながら一杯、それから明かりを消すまえにひとくち飲んだのは思い出せたが。」(p198)
ブラック・アウトですね。

p293にはAAミーティングのことがでてきます。

「が、十年前はいつも飲んでいた。今は一滴も飲んでいない。今まで飲んできたことを後悔はしていないが、しかしもう二度と飲まないでいられたらと思っている。」(p398)

…とにかく読んでみて下され。良いっすよ。
[PR]
by luna_oneday | 2010-08-27 20:40 | アディクション
*****
 私たちはあなたがアルコホーリクだと宣告したいわけではない。
だがあなたは自分で簡単に診断が下せる。
これから近くのバーに行って、節酒を試してみる。
何杯か飲んだら、きっぱりやめる。
いっぺんではなく何度か繰り返してみる。
もしあなたが自分に正直なら、結論が出るまでにそう長くはかからないはずである。
自分の状態をはっきりとつかむ役に立つのだから、あなたが経験する不安やいらいらには値打ちがあると言える。
証明のしようはないが、飲み始めの早いうちだったら、私たちのほとんどは酒をやめられたろうと思う。
だが困ったことに、時間があるうちに心底やめたいと思うアルコホーリクはほとんどいない。

(アルコホーリクス・アノニマス:通称ビッグブック 第三章より)
*****
アルコール依存症は、進行するに従い、体の不調はもちろん、社会的な地位、財産も失う病気です。
女性の場合、そのホルモンバランスや内臓のアルコール処理能力が男性に比べて低いため、常習飲酒を始めてから5~6年、早い人で1年程度でアルコール依存症になってしまいます。

きちんとした治療すれば、アルコール依存症は回復する病気です。
仕事から帰ってきて、一杯飲まないと家事に取りかかれないというのは、アルコール依存症の初期症状です。
久里浜式アルコール症スクリーニングテスト女性版 (KAST-F)をやってみて、もしや?と思われるなら、早急にアルコール依存症専門クリニックの受診をおすすめします。

“時間のあるうちに”…
[PR]
by luna_oneday | 2010-08-26 20:24 | アディクション

炊飯器☆

炊飯器の内釜のテフロンが剥げてきました。

体に悪そうなので、夫に相談しました。

「土鍋で炊こうか?」というわたしの提案は却下。

「この際やから、ちょっとええのん買おうや。」
といっても、象印の5合炊きで12,000円ですから、むっちゃええのんというわけではありません。
5万とか6万とかの炊飯器も並んでましたから。


家電店の扇風機コーナーが取っ払われていて、ああ、ストーブが並ぶんだろうな、って場所に変な商品が。
エアマルチプライヤーとな。

羽のない扇風機でありました。
羽、洗わなくて良いのね。欲しい~。
言うだけはタダよね、欲しい~。
[PR]
by luna_oneday | 2010-08-25 17:49 | 掃除・整理整頓

ブランドもの☆

わたしが初めての海外旅行で買ったのは、COACH:コーチのBag。
コーチがまだ皮革ものだけを扱ってる頃。
そのあとも、シグネチャー柄とか布帛のものがでて、追っかけましたね。

初期のころ、誰もが持ってるわけじゃない、ってのが好きではまったブランド。
価格も手頃なランクだし、同デザインを色違いで持ってたりします。
そればっかり使ってしまうので、ほかのBagの出番がありません。
こないだ、かなり思い切りが要りましたが、くたくたになったBagを5点、処分しました。
充分使ったよね、ってことでありがとう、さようなら。


そうしたら、今日、ダイレクトメールで「コーチの社長、リード・クラッコフのデザイナーズブランドが日本上陸」ってのを知りました。
カタログを見ると、「うぉぉ~欲しい~」ってイメージ
夫に見せると、「好きそうなデザインやな」と。
はは。嗜好はバレてます。

『古いものを手放す』ことで『新しいものが手に入る』ってのを実感。
あ、新しい“Bag”じゃなくて、“情報”ですけどね。

整理整頓が落ち着いて、買う余裕が出来たらうれしいな。
[PR]
by luna_oneday | 2010-08-24 21:56 | 掃除・整理整頓

寂しい☆

夕食は、今夜は次男がいなくて食べるのが夫と長男だけなので、ダイエット野菜カレー。

牛肉の切り落とし 300グラム
こんにゃく 1丁
竹の子水煮 1本
ナス 1本
大根 1/2本
冬瓜 1/8コ
ピーマン 2コ

野菜は2,3センチの角切り。

ピーマン以外を圧力鍋で5分加圧したら火を止め、おもりが落ちるまで(圧力が逃げるまで)放置。
おもりが落ちて、鍋のふたが開けられたらカレールーを投入、溶かす。
弱火で再加熱、クツクツいいはじめたらピーマン投入、火を止めて食卓へ。

ご飯はわたしがよそって、カレーはそれぞれご自由に。
…ご自由にってところで、長男の巨大化がすすむのであろうか。

お風呂の後、長男が「○○ちゃんおらへんで、寂しいな」と。
「おかーちゃんも寂しいけど、お兄ちゃん独り占めでちょっと嬉しいな」と言うと、「へへへ」と笑顔。
こーゆー笑顔を見られるからやめられまへんな、母親を。
[PR]
by luna_oneday | 2010-08-23 20:32 | 日々

キャンプ準備☆

明日朝から次男が英会話教室のキャンプに1泊2日で出かけます。

パンフレットを見ながら、持ち物をそろえ、親子で一緒に荷物をリュックに詰めていきます。

スーパーのポリ袋に「お風呂セット」「パジャマ」「翌日の着替え」と書き、それぞれを詰めます。
カヤックセットの長袖Tシャツや水着などは、ちいさなナップサックへ。

おやつは300円分。
「おかーさん、スーパーよりな、あのお店の方が安いねんで。」
…あ、消費税分、端数が出ないのね。
ってことで、所の駄菓子屋さんに自分で買いに行かせました。

荷造り完了。しょわせてみると、
「重たいよ~」
明日お弁当を詰めて出来上がりです。

出かけるに当たって、次男と3つの約束をしました。
1.先生の言うことをよく聞いてそのとおりにすること。
2.お弁当はしっかり全部食べること。
3.バスの座席の後ろに行かないこと。
  (前回、田植えの行事のとき、バスの座席の最後部に入り込み挟まって出られないというトラブルを起こしたため)
さて、守って帰宅するでしょうか。


夕方6時から自治会の夏祭り。
お菓子やスーパーボールすくいのクーポンを自治会からもらえます。
1人500円のお小遣い。
長男はスーパーボールすくい(50円)1回、わなげ(50円)1回、あてもの(50円)1回、ヨーヨーつり(50円)2回、駄菓子150円、わたあめ100円で使い切りました。
次男はポップコーン100円。
「あとのな、400円は貯金な」
…がっちりしてはります。
[PR]
by luna_oneday | 2010-08-22 22:29 | 日々