lunaticな女性のアルコホーリクな毎日:当ブログへのリンクはご自由にどうぞ


by luna_oneday
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:アディクション( 147 )

禁酒ではなく断酒☆

禁酒じゃなくて断酒っていう用語を使うのは、別の意味があるのでしょうか。
断酒って言葉がポピュラーになったのか。
単なる書き間違いか。

5kg太った沢尻エリカ 食事制限、断酒…仕事に向けた努力『Mr. サンデー』(1月16日放送・フジテレビ系)の直撃インタビューに答えた沢尻エリカ(24)は、あっけらかんと夫・高城剛氏(46)との復縁説を否定してみせた。

現在の沢尻の収入の柱は「たかの友梨ビューティクリニック」のイメージキャラクターとしてのギャランティだ。一説には、CM契約料は5000万円ともいわれるが、いかに自由奔放なエリカ様といえど、契約延長には人知れぬ努力があったようだ。

沢尻に近しい関係者がいう。

「沢尻さんは、スペインでの生活で5キロ近く太ってしまったそうで、帰国後はたかの友梨さんから美容指導を受けています。1日4時間のエステに、食事制限、断酒もこなしている。以前話題になった“ハミ尻”のようなたるんだ姿を見せないように、必死でボディメイクに励んだようです」

※週刊ポスト2011年2月4日号

[PR]
by luna_oneday | 2011-01-26 20:26 | アディクション

うり一本?☆

飲酒を「奈良漬食べた」と言い訳 奈良の住職を現行犯逮捕 (共同通信) 
奈良県警橿原署は24日、酒を飲んで車を運転し赤信号を無視したとして、道交法違反の疑いで奈良県大和高田市松塚、住職蓮本正照容疑者(49)を現行犯逮捕。
橿原署によると、飲酒検査で基準値を超す数値が出たが、蓮本容疑者は「奈良漬を食べただけ」と飲酒を否認。
その後「スナックでウイスキーを飲んだ」と認めた。
同署は「呼気から酒の臭いがし、検知したアルコールの数値は奈良漬を食べた程度ではなかった」としている。
[ 2011年1月24日12時56分 ]



c0180472_1984687.jpg

[PR]
by luna_oneday | 2011-01-24 19:06 | アディクション

FOB☆

FOB→friend of Bill's …AAメンバーの別の呼び方

CSI:NYエピソード40に出てきました。
[PR]
by luna_oneday | 2011-01-23 19:08 | アディクション

ADHD漫画で解説☆

フロンティア★ADHD
[PR]
by luna_oneday | 2011-01-22 18:14 | アディクション

24時間プラン☆

わたしは自分から選んで15歳から酒を飲み始めました。
はじめから“法律をおかす”という「おかしな飲み方」をしていました。

30歳を超えた頃、酒量が増え、失禁や意識喪失(ブラックアウト)も経験しました。
30代はうまく飲めるように肝臓を治療しようと、内科を転々としました。

30代後半にアルコール依存症専門病院につながった時、ケースワーカーから言われたのは、「今日だけ飲まないでいましょう」という言葉でした。
「その一日がやり過ごせなくて飲んでしまうのに、何を言ってるの?」と思いました。
でも、「今日はもう飲んでしまったから、明日からやめよう」と思っているうちは、飲むのをやめることは出来ませんでした。

アル専クリニックでは、「6週間の毎日通院」という方法でお酒をやめていきました。
6週間酒を切って、そのあとご褒美に再飲酒するということを3回しています。
期限を切って、「○○日まではやめる」という方法は、あまり良くないように経験上思います。

わたしは一度アル専を離れた時期がありますが、再飲酒のあげく連続飲酒をし、もう一度アル専につながり直しました。
しかし「6週間の毎日通院」のあと、しばらくしてから再び連続飲酒をし、最後の手段としてAAに通い始めました。
AAで、酒を飲まずに当たり前に生きている仲間に出会ってから、酒が止まっています。

酒をやめるのは「意志の力」ではありません。
酒をやめるのは「飲まない行動」です。

目の前の酒を飲むのを、一秒だけ先延ばしにする。
一秒が過ぎたら、もう一秒。
それを繰り返しているうちに、一分がすぎ、一時間がすぎ、一日が過ぎていきます。
「明日はどうなるかわからないけれど、今日一日だけ飲まない」その繰り返しで今日まで来ました。

AAの仲間のホームページの、心の家路のコンテンツ、ソブラエティ(飲まない生き方)のための道具 90をご紹介しておきます。
[PR]
by luna_oneday | 2011-01-21 20:02 | アディクション
ギャンブル依存症:脱却、支援で恩返し 回復の36歳、施設長に--奈良 ギャンブル依存症(病的賭博)で長年苦しんだ奈良県斑鳩(いかるが)町の三宅隆之さん(36)が、4月に同県大和高田市に開設されるギャンブル依存症回復施設「セレニティーパークジャパン」の施設長に就任する。ギャンブルが原因で3回も職を失ったが、家族や民間団体などの支援で回復した。三宅さんは「回復の過程で人から無償でもらったものを一つずつ返すことができれば」と話している。【大久保昂】

 三宅さんは福島県の国立大に入学して下宿生活を始めた直後から、パチンコやスロットにのめり込んだ。「志望大学に入れず、心の中が空っぽだった。パチンコを打つと解放感が得られた」と振り返る。

 消費者金融で借金を始め、同県のラジオ局に就職後、約600万円の借金を両親に肩代わりしてもらった。それでもギャンブルをやめられず、番組制作費を使い込み、入社6年足らずで退職に追い込まれた。

 再就職した在京ラジオ局でも、職場での窃盗・横領事件で解雇され、窃盗容疑で書類送検されて不起訴(起訴猶予)になった。三つ目の番組制作会社でも着服して解雇され、06年7月、ギャンブル依存症の自助グループを通じて知った横浜市の施設に入所した。これがきっかけで依存から脱却。07年1月から同市内の司法書士事務所で補助者として働き、220万円を超す示談金も返済し続けている。

 09年春からは、大学時代の同級生やかつての上司らを訪ね、謝罪して回った。「元気で何より」など、思いがけない温かい言葉が回復の支えになった。回復体験を各地で語る活動にも取り組み、昨年10月、薬物依存症回復施設「奈良ダルク」(大和高田市)の矢沢祐史さん(34)に施設長就任を打診された。三宅さんは迷ったが、先月、司法書士事務所での仕事を離れて奈良県に移り住んだ。

 ギャンブル依存症は全国で100万~200万人いると言われ、完治することはないとされている。三宅さんは「『私も一緒に回復を目指す仲間』との目線を大切にしたい」と話している。奈良ダルク(0745・22・0207)。

http://megalodon.jp/2011-0119-1926-40/mainichi.jp/kansai/news/20110119ddf041040006000c.html
[PR]
by luna_oneday | 2011-01-19 19:28 | アディクション

チョコビール☆

チョコビール2011
バレンタインに…くれんでええわいっ!
[PR]
by luna_oneday | 2011-01-18 05:58 | アディクション
論文
「アスペルガー症候群と特別支援教育― アスペルガー症候群の疑似体験を通じて臨床心理的視点を学ぶ授業実践 ―」
(愛知教育大学教育実践総合センター 西川絹恵氏)
http://repository.aichi-edu.ac.jp/dspace/handle/10424/1900

pdfファイル

課題1で、ふつー(ここで普通の論議は置いといて)のひとが肌で感じるムード:空気を、頭で理解していくひとがいるってのがわかります。

経験で「あのときこう言ったらこういう反応だったから次はこう言おう」ってのを、左脳でやるんだろうね。
その緊張はすごい疲労を呼ぶよなぁ。


というわたしは、小学校2年のとき、図画工作で先生に「にぎやかな絵を描きましょう」と指導されて、
『ピーチクパーチクとかいた吹き出し付きの鳥の絵』を描きました。
授業参観でその絵を見た母親に「にぎやかっていうのは、そうやなくて、鳥をたくさん描こう、いうことやよ」と、教えてもらって、“にぎやかに描く”ことの意味を知ったのです。
[PR]
by luna_oneday | 2011-01-15 19:39 | アディクション

ミーティング☆

ホームグループのミーティングに行ってきました。
初めての仲間にワンデイメダルの贈呈。
2月17日に5年と9年の仲間のバースディを予定しております。


バラエティで呑んだときの失敗談が良くでる福田君。
チュートリアル・福田充徳は、昨日、腹痛の為、都内の病院にて診察を受けたところ、「急性すい炎」と診断されました。
そのまま同病院に入院し、治療に専念しますので、しばらくの間、休養をいただくことになりました。
退院及び仕事復帰の時期については、医師の指導を仰ぎながら決定したいと考えています。
決定しましたら改めてお知らせ致します。
 ファンの皆様、関係者の皆様にはご心配・ご迷惑をお掛けしますが、
今後とも変わらぬご声援・ご支援をお願いします。

チュートリアル・福田充徳 コメント
この度は、みなさまにご心配、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
相方が、休んでいる間のギャラを全て折半すると言ってくれています。
本当に良い相方に恵まれたと病室で幸せを再認識しています。

チュートリアル・徳井義実 コメント
ゆっくり治してほしいです。

[PR]
by luna_oneday | 2011-01-13 18:12 | アディクション

トラ女(とらじょ)☆

「大トラ」の女性割合が倍増=泥酔で保護、情勢に変化-酔っ払い防止法50年 
すべて国民は飲酒の節度を保つように-。こんな条文が書かれた通称「酔っ払い防止法」が7月、施行から50年を迎える。泥酔して保護される人は全体的に減りつつある一方、東京都内では女性が占める割合が20年間で倍増しているという。制定当時は「飲酒家から女性を守る」ことが目的だったが、酒を飲む女性の増加で情勢は変わりつつあるようだ。
 酔っ払い防止法は1961年、紅露みつ参院議員をはじめ女性議員らの提案で成立した。審議で同議員は「家庭の婦人や子供を、悪い癖のある酩酊(めいてい)者、飲酒家から守ろう」と狙いを説明。「日本は酩酊者に寛容過ぎる」「酔っ払い天国だ」と厳しい口調で訴えた。
 警視庁の統計によると、同法などを根拠に都内で保護された泥酔者らは76年に最多の年間3万5109人を記録。その後は99年の8683人まで減ったが、最近は微増傾向に転じた。うち、89年に1275人だった女性は、2009年には1708人に増加。男性が減少したこともあり、全体に占める割合は7.7%から16.1%に倍増した。
 厚生労働省の09年の調査では、20~24歳の飲酒する女性の割合は90.4%で、5年前から10.4ポイント増加。同年代男性の83.5%を上回った。国立病院機構久里浜アルコール症センターの樋口進副院長は「飲酒女性の増加理由はよく分からないが、仕事をする女性が増えたからではないか」と分析する。(2011/01/09-14:43)

[PR]
by luna_oneday | 2011-01-09 17:43 | アディクション