lunaticな女性のアルコホーリクな毎日:当ブログへのリンクはご自由にどうぞ


by luna_oneday
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

24時間プラン☆

わたしは自分から選んで15歳から酒を飲み始めました。
はじめから“法律をおかす”という「おかしな飲み方」をしていました。

30歳を超えた頃、酒量が増え、失禁や意識喪失(ブラックアウト)も経験しました。
30代はうまく飲めるように肝臓を治療しようと、内科を転々としました。

30代後半にアルコール依存症専門病院につながった時、ケースワーカーから言われたのは、「今日だけ飲まないでいましょう」という言葉でした。
「その一日がやり過ごせなくて飲んでしまうのに、何を言ってるの?」と思いました。
でも、「今日はもう飲んでしまったから、明日からやめよう」と思っているうちは、飲むのをやめることは出来ませんでした。

アル専クリニックでは、「6週間の毎日通院」という方法でお酒をやめていきました。
6週間酒を切って、そのあとご褒美に再飲酒するということを3回しています。
期限を切って、「○○日まではやめる」という方法は、あまり良くないように経験上思います。

わたしは一度アル専を離れた時期がありますが、再飲酒のあげく連続飲酒をし、もう一度アル専につながり直しました。
しかし「6週間の毎日通院」のあと、しばらくしてから再び連続飲酒をし、最後の手段としてAAに通い始めました。
AAで、酒を飲まずに当たり前に生きている仲間に出会ってから、酒が止まっています。

酒をやめるのは「意志の力」ではありません。
酒をやめるのは「飲まない行動」です。

目の前の酒を飲むのを、一秒だけ先延ばしにする。
一秒が過ぎたら、もう一秒。
それを繰り返しているうちに、一分がすぎ、一時間がすぎ、一日が過ぎていきます。
「明日はどうなるかわからないけれど、今日一日だけ飲まない」その繰り返しで今日まで来ました。

AAの仲間のホームページの、心の家路のコンテンツ、ソブラエティ(飲まない生き方)のための道具 90をご紹介しておきます。
[PR]
by luna_oneday | 2011-01-21 20:02 | アディクション