lunaticな女性のアルコホーリクな毎日:当ブログへのリンクはご自由にどうぞ


by luna_oneday
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

俗っぽく軽率(worldliness and levity)2☆

わたしはビッグブックや12&12の原書は持ってません。
日本の各地域のセントラルオフィスでも、アマゾンでも買えるのよ。
さらに英文を読むのは辞書と首っ引きです。

が、以前、“心の家路:ひいらぎさん”から、ビッグブックの原書をオンラインで読めるというのを教えて頂きました。

AAゼネラルサービスオフィスのホームページの、左の方のビッグブックと12&12の画像をクリックすると、このページに飛びます。
アルコホーリクス・アノニマス:ビッグブックと12のステップと12の伝統:12&12、それぞれの本の表紙をクリックすると、原書をpdfファイルで読むことが出来ます。

原書原文はそこから引用させて頂きました。
日本版は、2002年発行の改訂2版からの引用です。

わたしの解釈では、『だがその下には、焼けるような真剣さがある。』からこそ、『俗っぽく軽率に見える(市井の人々と何ら違っては見えない)。』と言うことこそが、この“ビルの物語”の締めから2つめの段落のキモなのだと思っています。
[PR]
by luna_oneday | 2010-11-15 22:19 | アディクション